HOME 特集 宮城の至宝!「仙台牛」の美味しさを堪能できるお店

宮城の至宝!「仙台牛」の美味しさを堪能できるお店

2018/12/19

肉質等級A5、B5ランクのブランド牛「仙台牛」を食す

宮城県の豊かな自然の中で育まれた黒毛和牛の中で、霜降りと赤身のバランス、肉の色、きめの細かさや締まり、脂肪の光沢など厳しい基準をクリアし、最高ランクの「A5」と「B5」に格付けされた上級の牛肉だけが「仙台牛」の称号を与えられます。

今回は宮城の至宝とも言える「仙台牛」を食すことができるお店、お持ち帰りできるお店をご紹介します。
さらに、年に一度だけ開催される「仙台牛枝肉共進会」のせりの様子や肉の格付けについても取り上げていますので、是非ご覧ください。

仙台牛のヒレとサーロインを食べ比べ「すてーきはうす伊勢屋 エスパル店」

県内の美食が揃う、仙台駅地下のエスパル仙台。多くの観光客が仙台牛を目当てに立ち寄る店「すてーきはうす伊勢屋 エスパル店」の一番人気は「仙台牛ヒレ&サーロインすてーきセット」。1頭の牛から3%しか取れない希少部位の「ヒレ」と、ステーキの王様「サーロイン」を一度に味わえるのが魅力です。“仙台牛の生産地だからこそできる内容と価格です”と、お店も自信を持って提供するいち押しメニューです。

炭火で丁寧に焼き、シンプルに塩とこしょうで味付け。創業より50年受け継がれているオリジナルの醤油ベースのステーキソースとの相性も抜群です。お米は宮城のひとめぼれ、味噌は仙台味噌を使用するなど地元の食材をまるごと味わえる「仙台牛ヒレ&サーロインすてーきセット」(ヒレ80g、サーロイン100g、サラダ、ライス、みそ汁付き9,800円/税込)

柔らかい肉質の「イチボ」を、仙台味噌と西京味噌の伊勢屋オリジナルブレンド味噌に漬け混み、炭火であぶり焼きにした「仙台牛のあぶり焼」も、仙台牛の旨味を堪能できる逸品です。味噌が引き出す仙台牛のまろやかな味ととろける食感に箸が進みます。
お店には英語のメニューも用意しているので、外国のお客様も安心してオーダーすることができます。

(左)肉のプロが贈る秘伝の味噌仕込み「仙台牛のあぶり焼」(100g2,500円/税込) (右)味噌漬けの仙台牛をご家庭でも味わうことができるお土産(店頭、オンラインショップ、仙台空港、東北自動車道下り長者原SAで購入可)(140g(50g×2枚+味噌40g)3,780円/税込、送料別)
仙台牛の看板が掲げられているお店の入り口と、ゆっくり食事の時間を過ごせる落ち着いた店内

目の前で焼き上がる鉄板焼きステーキの醍醐味「鉄板ダイニング譽(TAKA)」

ケヤキ並木が美しい定禅寺通り沿いにある「鉄板ダイニング 譽(TAKA)」。オープンキッチンのカウンターで、熟練のシェフが焼き上げる仙台牛のステーキは絶品。目と耳で楽しめるライブ感と極上仙台牛を味わうことができるカウンター席は、シェフとの会話もお楽しみいただけます。

(左)音や香りで臨場感に溢れる鉄板カウンター (右)絶妙な焼き加減で仙台牛の旨みが閉じ込められた「仙台牛フィレステーキ フォアグラのせ トリュフソース」(100g11,500円/税込)

仙台牛の上質な味わい、芳醇な香り、食感をそのままに、塩分を通常の約半分の3%に抑えて加工したオリジナル商品譽特製「仙台牛の生ハム」も人気のメニューです。口に入れた瞬間、とろけるような柔らかさと甘み、旨みが広がります。生ハムは購入もできるため、カルパッチョサラダやユッケ丼、手毬寿司にしてご家庭で楽しむことも可能です。
定禅寺通りの美しいケヤキ並木が見える窓側の席も人気です。SENDAI光のページェントが開催される12月には、その輝きが目の前に広がりディナータイムを盛り上げます。

(右)「譽特製 仙台牛の生ハムサラダ」(1,620円/税込) (右)「譽特製 仙台牛の生ハム」(50g1,620円/税込)(お店のオンラインショップ、仙台駅、秋保ワイナリーなどで購入可)

老舗で味わう仙台牛の極上すき焼き「すき焼・割烹 かとう」

精肉店直営ならではの熟成させた食べごろの牛肉を、地場の野菜と初代から受け継がれてきた秘伝のたれでいただくかとうのすき焼き。牛脂で初めに野菜を焼き、旨みと香ばしさを出しながら肉を焼くのが「かとう風」です。地元の酒と醤油、砂糖を沸騰しないように火入れし3週間以上寝かせるというたれの製法を、かとうは50年以上守り続けています。このたれと仙台牛、野菜の絶妙なバランスが老舗ならではの味わいです。焼き方はお店の方にお任せ。おいしいタイミングでいただけるようにアドバイスしてくれます。

美しい霜降りの仙台牛を創業当時から変わらない秘伝のたれに絡めた人気のメニュー「仙台牛すき焼き」。すき焼きは肉の部位により4種類あり、写真は「仙台牛リブロース」(単品/一人前5,500円/税別)。お通し、前菜、お刺身、お食事、デザートが付くコースもあります(プラス2,000円/税別)

かとうのもう一つの人気メニューが「仙台牛しゃぶしゃぶ」。厚めにスライスした仙台牛にこだわりの自家製ポン酢とゴマだれが絡み、とろけるような食感を味わうことができます。地元産の野菜と一緒にたっぷりといただける満足の一品です。

仙台牛しゃぶしゃぶ「仙台牛リブロース」(単品/一人前5,500円/税別、コースは7,500円/税別)
ゆっくりと食事が楽しめる落ち着いた店内。カジュアルに利用できるテーブル席から、個室、お座敷まで、用途に合わせてお席を選べます

旨みを閉じ込めた炙りの香ばしさ 「和食 波奈 仙台店」

仙台駅近くで和食を提供している「和食 波奈 仙台店」の人気メニューが「仙台牛網焼きステーキ」。旨みが逃げないように炭火で香ばしく焼き上げられたステーキの味付けは、おろしわさび、おろしポン酢、ステーキソースから選べます。焼き加減もお好みでオーダーでき、“和のテイストで仙台牛を味わうことができる”と年配の方々からも好評です。

たっぷりの野菜が添えられている「仙台牛網焼きステーキ」(100g3,218円/税込)。お肉はカットしてあるので箸で食べることができます

極上の仙台牛とともに、三陸の新鮮な食材を活かした旬の料理も味わうことがでるのが波奈の特徴。居心地の良い店内は、昼は女性や子ども連れ、年配のお客様がゆっくり過ごし、夜は接待やビジネスでのお客様が多く訪れる、本格的和食ダイニングのお店です。

(左)和風モダンの趣で迎えてくれるお店入口 (右)ゆったりと過ごせる個室(2名~48名対応)。ビジネスからお祝いの席まで、さまざまなシーンで利用できます

元祖仙台牛寿司「お寿司と旬彩料理 たちばな」

仙台の中心部商店街に店を構える「お寿司と旬彩料理たちばな」。お客様が必ずオーダーするメニューが仙台牛の炙り寿司です。宮城県産米のシャリの上に乗るのは備長炭でじっくり炙った仙台牛の霜降り。上品なサシが入った赤身肉の上に親方特製の葱味噌をのせたにぎりは、上質な甘みと旨みが寿司飯と相まって最高級の味を創りあげます。

(左)仙台牛の旨さがいきる人気の「仙台牛ローストビーフにぎり」(1貫600円/税別) (右)備長炭でじっくり炙った「仙台牛霜降り葱味噌添え」(1貫700円/税別)

宮城の名物「仙台づけ丼」や旬のおすすめメニューを楽しめるのもたちばなの魅力。ほのかな灯りの下で味わう寿司と旬彩料理の数々は、伝統を大切にしながら新しい感覚を取り入れた“たちばなの味”として多くの方に愛されています。

和風モダンな店内ではジャズが流れ、大人の時間を過ごすことができます

全国からオーダーが入るプレミアムなローストビーフ「肉のいとう」

仙台牛販売指定店の老舗「肉のいとう」の看板商品は、全国からオーダーが入るという仙台牛のローストビーフです。最高級の仙台牛を一つひとつ手作業で丹念に味付けし、時間をかけじっくり焼き上げた自信作で、牛肉本来の風味が際立っており、タレがなくても楽しむことができます。仙台牛を知り尽くした職人が作りあげるローストビーフは、とろけるような柔らかさと仙台牛の旨みを実感できる逸品です。

「最高級A5ランクプレミアム仙台牛ローストビーフ」(100g1,382円/税込)(オンラインショップでも購入可)

仙台牛の美味しさを知ってもらいたいという思いを込めて提供しているのが「最高級A5仙台牛 壱万円弁当」。特上霜降りカルビ、ヒレステーキ、サイコロステーキ、ローストビーフ、特製ハンバーグの5種類が入り、仙台牛をまるごと味わうことができる極上弁当が、壱万円でお試しいただけます。お祝いの席やおもてなしなどに最適なお弁当です。

(左)「最高級A5仙台牛 壱万円弁当」(3~4名様用10,800円/税込) (右)全国で開催される催事イベントで一番人気の「最高級A5仙台牛 大関弁当」(2,160円/税込)は、極上カルビとジューシーなサイコロステーキがのった贅沢なお弁当です ※お弁当は、前日までに予約が必要です

厳格な格付け、確かな目利きのせりで始まる「仙台牛」の流通

仙台市中央卸売市場食肉市場は、東北・北海道エリアで唯一の食肉中央卸売市場で、地元宮城県はもとより、近隣各県から肉牛が運び込まれます。市場内で処理された枝肉は、せり開始前に(公社)日本食肉格付協会の全国共通基準によってランク付けされます。宮城県産牛で肉質等級「A5」および「B5」ランクに格付けされたものだけが晴れて「仙台牛」と認められ、その証である「竹に雀」(※)がデザインされたマークの判が押されます。4等級、3等級の宮城県産牛には仙台黒毛和牛のマークが押されます。

(左)せり場で陳列された枝肉は一頭一頭厳格に格付けされたあと、買い付け人が間近で目利きをしてせりにのぞみます (右)仙台牛の証「竹に雀」(※)の判が押された枝肉
※「竹に雀」は、仙台を築いた仙台藩初代藩主伊達政宗の家紋の一つであり、仙台牛のマークはそれをアレンジしたものです

仙台中央食肉卸売市場のせり取引は、日本の食肉市場として初めて採用された自動せり上げ方式。生産者の見守る中、買い付け人はせり表示板に表示された品種、産地、重量、規格等を参考に、肉質、脂質を一頭一頭目利きしこれぞと見極めた枝肉を落札します。競り落とされた枝肉は、卸売りなどの販売ルートを通り、部位ごとに加工され私たち消費者の元へとやってきます。

(左)一年に一度行われる「農林水産祭参加第58回仙台牛枝肉共進会」(2018年は11月6日開催)には180頭が出品され、7割を超える138頭が「仙台牛」と認定されました (右)せり場では次から次へと枝肉がせり落とされます
※市場内で行われるせりの様子などは一般公開されていません。

【仙台牛の定義】
豊富な宮城の稲わらと良質な乾草、大麦を中心とした肥料を与え、清潔な環境の中で仙台牛生産登録農家が三年間個体に合わせた適正管理を行うことで豊かな風味をもつ健康な牛が育ちます。
その肉牛の中でも、最長肥育地および最終肥育地が宮城県の黒毛和種かつ(公社)日本食肉格付協会による枝肉取引規格が「A5」または「B5」であり、仙台牛銘柄推進協議会が認めた市場並びに共進会等に出品したもののみを「仙台牛」と称します。仙台牛と同じ育成環境でも、C5~B3と評価されたものは「仙台黒毛和牛」と称されます。

枝肉の格付けは「歩留等級」と「肉質等級」の総合評価で行われます。
■歩留等級(A~C評価)
骨のついた肉から骨や余分な脂などを取り除き、肉にした時の肉の割合のことで、歩留まりが良いほど肉(赤身)が多く、生産効率が良いと評価されます。

■肉質等級(1~5評価)
「霜降の度合」を中心に、「肉の色」、「肉のキメや締まり」、「脂肪の色沢・光沢」の4種類について総合的に評価されます。

5等級のみで構成されているのは主なブランド牛の中でも仙台牛のみです。ちなみに、神戸牛、近江牛、前沢牛は4等級以上、米沢牛は3等級以上で構成されています。松阪牛は独自の基準で評価されているため肉質基準の対象外となります。

日本のトップブランド、最高級銘柄「仙台牛」を食しながら、特別な日、大切な人とのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

すてーきはうす伊勢屋 エスパル店
仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅エスパル仙台店地下レストラン街
TEL:022-262-0012
営/11:00~23:00
休/無休
https://www.iseyanet.jp/
※外部リンク

 

鉄板ダイニング 譽
仙台市青葉区春日町1-5 SKビル4F(地下鉄南北線 勾当台公園駅より徒歩6分 )
TEL:022-214-4777
営/11:30~14:30(ラストオーダー14:00)、17:00~23:00(ラストオーダー22:30)
休/年末年始
http://www.t-taka.com/index.html
※外部リンク

 

すき焼・割烹 かとう
仙台市青葉区上杉1-14-20 上杉パークマンション1F(地下鉄南北線 北四番丁駅より徒歩3分)
TEL:022-225-4129
営/11:30~14:00、17:00~21:00(ラストオーダー20:45)
休/日曜・祝日
http://www.sendaigyu.com/
※外部リンク

 

和食 波奈 仙台店
仙台市青葉区中央2-1-1仙台東宝ビルB1F(JR仙台駅より徒歩4分、地下鉄南北線仙台駅 北4番出口より徒歩1分)
TEL:022-217-1787
営/月~金曜11:00~14:30, 17:00~23:00 土曜11:00~23:00 日曜・祝日11:00~22:00(ラストオーダー閉店30分前)
休み/1月1日
http://sendai.washokuhana.com/
※外部リンク

 

お寿司と旬彩料理 たちばな
仙台市青葉区一番町3-3-25 たちばなビル5F(地下鉄南北線 広瀬通駅より徒歩5分)
TEL:022-223-3706
営/11:30~14:00,17:00~22:00(日曜・祝日: 21:00)
休み/無休
https://www.tachibana-sushi.com/
※外部リンク

 

かたい信用やわらかい肉「肉のいとう」
仙台市青葉区米ケ袋1-6-8
TEL:022-222-5647
営/10:00~20:00
休/日曜
https://www.oniku1129.com/
※外部リンク

 

仙台中央食肉卸売市場株式会社
仙台市宮城野区扇町6-3-6
TEL:022-258-6011
営/9:30~
休/土曜・日曜・祝日
※一般の方の見学は受け付けていません
http://www.senniku.co.jp/
※外部リンク

 

 

※この記事は2018年11月時点の情報を基に作成しております。